s i _ k u b l o g

日記、写真、作品、ドローイング、活動の最新情報

美術館 / 英語の後悔が溶けていく

f:id:si_ku:20150817013904j:image

 
パウル・クレーの企画展みてきました☀︎
 
見る前は、知らない画家さんなので調べて絵を見て 色がいいなと感じました。
でも実際に美術館でのセレクションを見ると、は感情に訴えかけるような
ちょっと全体的に、怖さを感じました。
 
そして絵が描きたくなります。
個展もそう遠くなくなってしまいましたし、帰省から戻ったらもりもり描きたいなあ。
スプラトゥーンの誘惑に勝たないとですね。
いや、スプラトゥーンもやります。やりたいに決まってるじゃないですか、あんな人の感覚に訴えてくる楽しい面白いゲーム。
S+になるための時間が欲しいくらいです。
 
f:id:si_ku:20150817014318j:image
 
うんうん 宇都宮美術館といえば
このチューブのオブジェだなあ
これを見るたびにここに来た感がします。
 
f:id:si_ku:20150817014353j:image
 
山の上の美術館なので
昔自転車で行った時はめちゃめちゃ大変でした。
しかし自然が豊かで広くてすてきなとこ。
 
f:id:si_ku:20150817014442j:image
 
ハナミズキの実ってこんななんだね
 
 
________
 
実家帰省中はちょっと太りそうな食生活になっちゃいます
外食ばかりだし、暇なのでおやつに手が伸びてしまう。
英語の問題集をひたすらやってます。
 
学校でやったような問題集をやっていると、
後悔が少しずつ解消していくようでここちがよいです。
後悔というのは、中1の時は英語の授業でしょっぱなから寝てて
アルファベットの発音もろくにやってなくて
bとdの区別でちょっと間があったり
宿題も全然やらなくてとにかく授業は落書きして寝てたんだよな〜・・・って
そういう、なんかこう、あーあ....。って
なるような記憶のことです。
 
その後悔が、その時と同じような問題集を解いていると
まるで、人生をやり直しているような・・・。
やり直せるんだっていうか・・・。
 
全く英語できない時に英語で心底困った経験があるし、日頃から見るコンテンツがほとんど英語関係なので
そうとう英語を勉強したい欲があります。
何冊も英語関連の本を持ってて、もう最近は本はそれしか読んでないです。
英語の勉強に必要なのは努力でも勉強法でもなく、動機だそうです。
その動機がめちゃめちゃあります。
はやく習得して、それからやっと人生始まるんだ...ってそれくらい今英語できなくてこまってます。
 
英語英語言うけど海外に住みたいとかそういうことでもなく
海外の何かが好きとかそういうことでもなく
私は日本が大好きでずっと日本に住みたいひとです。