s i _ k u b l o g

日記、写真、作品、ドローイング、活動の最新情報

おおさわ 縁側カフェ

静岡県に、縁側カフェというものがあります。

大沢村に23軒の集落があり 第2、第4日曜日の月二回、
それぞれの家で縁側カフェが開催されているのです。
 
 
 
f:id:si_ku:20150510231300j:image
 
とっくに、山、山藤、大きな川、茶畑・・・と
豊かな自然がバスの窓から見えていたのに、
まだまだ、山を進んでいくんです。
もうあんなに茶畑をみたのに
まだまだ茶畑があるんです。
 
こんなに奥へと奥へ進んでしまって
ほんとうに、縁側カフェが開催されているのだろうか?
 
f:id:si_ku:20150510230514j:image
 
バス停を降り、村の入り口へと20分ほど歩いて行くと
 
f:id:si_ku:20150510231220j:image
 
高校生「おはようございます」
 
村人に出会う前に、高校生が挨拶してくれる。
どういうことだろう??
 
f:id:si_ku:20150510231511j:image
 
縁側カフェは、実在した。。
 
f:id:si_ku:20150510231600j:image
 
f:id:si_ku:20150510231817j:image
 
f:id:si_ku:20150510231625j:image
 
f:id:si_ku:20150510232921j:image
 
この村にも、当然のように茶畑が一面に。
 
f:id:si_ku:20150510231658j:image
 
縁側カフェの営業開始時間の、30分前にきてしまった。
 
f:id:si_ku:20150510231742j:image
 
f:id:si_ku:20150510231803j:image
 
f:id:si_ku:20150510231921j:image
 
うろうろしているうちに、営業時間に。
声をかけられるがまま1軒目へ。。
 
縁側は、すずしい。
 
 
縁側カフェでは全て一律、ひとり300円で
お茶とお茶請けがいただけます。
 
お茶は、なんと それぞれの家で作り方が異なり
味に個性があるそうです。
当然のように 家の敷地内にお茶の工場が。
 
f:id:si_ku:20150510232101j:image
 
よもぎ餅のこのかんじ、懐かしい!
 
ここのうちの人が、縁側カフェを企画したらしくて
くわしく教えていただけました。
 
f:id:si_ku:20150510233056j:image
 
開催時に23軒すべてがカフェを開いているわけではなく
それぞれ家の都合や、いまのようにお茶をかる忙しい時期は 開いていないとこもあるようです。
 
しかし1軒1軒のお茶請けが満足感の高いものなため
2、3軒もまわればお腹がいっぱいになるそう。
 
f:id:si_ku:20150510232213j:image
 
f:id:si_ku:20150510232243j:image
 

おうちは 築、250年だとか。。!

 
f:id:si_ku:20150510232452j:image
 
ツバメがいま、今年初めてやってきたそうです。
 
f:id:si_ku:20150510232533j:image
 
工場見学させてもらっちゃいました、、!
 
f:id:si_ku:20150510232609j:image
 
お茶っぱを蒸すとこ。ごはんのような、甘い 香ばしいいい香り!(o・-・)
 
f:id:si_ku:20150510232702j:image
 
行程を経るうちに
葉っぱは五分の一の大きさになり
 
f:id:si_ku:20150510232740j:image
 
こうなるわけですね
香りが、とっても いいんです。。
 
 
 
f:id:si_ku:20150510233009j:image
 
村じゅうにブラスバンドが鳴り響く。
どうやら、縁側カフェに協力してくれている高校生達が
演奏しにきてくれたようなのです。
 
しかも、カフェ接客のお手伝いもしている。
 
f:id:si_ku:20150510233330j:image
 
二軒目!
小さな女の子に「あっ、きたあ!さっき(無人販売所で買うとこ)見てたよ?」と言われる。かわいい。
 
f:id:si_ku:20150510233351j:image
 
縁側カフェで唯一ピザを焼いているとこ。
しかもドラム焼き。。おいしい。
 
なによりもおいしかったのが、、
 
f:id:si_ku:20150510233440j:image
 
まさかの、新茶のてんぷら!!
 
新茶どころか、本日つみたて。
今日摘んだやつじゃないと、こうして美味しく食すことができないそうです。
 
おいしくて、甘くて、香りがよくって、、
いくらでも いつまでも食べていたくなるほど 気にいりました。
 
f:id:si_ku:20150510233931j:image
 
3軒目。
 
f:id:si_ku:20150510234004j:image
 
ここでは 芋餅、草餅、ひじきの煮物をいただきました。
 
ここではお茶がとても好みで
飲みやすいし、美味しいし、、
お茶っぱをかいたいといったら、最高級のやつを選んでぎゅうっと詰めてくれちゃいました。。
うれしい。。
 
f:id:si_ku:20150510234212j:image
 
結構お腹いっぱいなので、ぶらぶら歩きます。
 
f:id:si_ku:20150510234243j:image
 
歩くとゆらゆら揺れる橋をみつける
 
f:id:si_ku:20150510234316j:image
 

上下に揺れまくって怖たのしい

 
f:id:si_ku:20150510234354j:image
 
第2回目のブラスバンド演奏が
山に響き、山から響き、山から演奏がきこえる。
 
 
 
f:id:si_ku:20150510234436j:image
 
4軒目!結構歩いて、暑くて、へとへとなので
しばらくここにいることにしました
 
縁側からの目線です
涼しくて 鳥の声がして 風がふいて
 
f:id:si_ku:20150510234509j:image
 
ここも、おいしくて・・・
こんな楽しい日、あっていいのか。
 
ここの家の人が沢山お話してくれて
そのうえお客さんともお話できて
 
ここに来る前までも色んな人と交流ができて嬉しかったのに、
ここではたっぷり、ゆっくり、おはなしできました。
それが、ふつうに うれしくて、涙目になるところでした。
 
まさか3時間くらい居座ることになるとは・・・。
 
f:id:si_ku:20150510235109j:image
 
お茶畑にはえてくるタケノコをミサイルと呼んでいるらしく
今まさに切ってきたミサイルを頂いちゃいました。。!
 
しかもお茶っぱまでもらってしまい
至れり尽くせりです、、、、
 
f:id:si_ku:20150510235255j:image
 
ここのお茶工場。
1軒1軒、工場の姿が、それぞれです。
 
f:id:si_ku:20150510234742j:image
 
親バチきたよーって教えてもらい
撮れました。巣作りの最中はまだおとなしいから怖くないとのこと。
 
f:id:si_ku:20150510235607j:image
 

3時で縁側カフェの営業は終了ですが

4時までおはなししていました
 
イノシシをさばいたはなし。
今日作るプリンの牛乳が足りなくなりそうだったはなし。
サルやシカが畑を荒らすから、頑丈に牢獄のように畑が存在するはなし。
 
鳥の声がきれいなはなし。
村の人による、鳥の声がうるさいはなし。
ここがほんとうにいいとこだというはなし。
村の人よる、ここはほんとうになんにもないというはなし。
 
大沢の人々を撮る写真家の方、
沖縄に小さな会社をたちあげたばかりの方、
いまたいへんな 箱根から来た方・・・
お客さんが出入りしてもまた会話がはじまるのでした。
 
 
かなり遠い奥地ですが、また絶対、行きます。
 
こんな自然に、人と人とが交流しあえる場所、ほかに知らないのです。
幻をみているんじゃないかとおもいました。
 
f:id:si_ku:20150510235852j:image
 
f:id:si_ku:20150511000048j:image
 
載せる予定だった写真は80枚、、
さすがに多すぎて半分に減らしました(._.)!
 
 
 
広告を非表示にする