読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

s i _ k u b l o g

日記、写真、作品、ドローイング、活動の最新情報

大山(おおやま)登山してきました

作品 にっき

 

登山して写真いっぱいとりました

駅から数えて、登山にかかる時間の総合時間が、
情報によると、多く見積もって3時間40分
かかるとのことですが、
なんと、体力がないのか12時間近くかかりました...(°_°)!
 
はてなブログのアプリがまだios8に対応しないので
今日はPCから書いています。対応待機!!
 

http://f.st-hatena.com/images/fotolife/s/si_ku/20140922/20140922062235.jpg?1411441185

いってきます(o'ー'o)♬

 

http://f.st-hatena.com/images/fotolife/s/si_ku/20140922/20140922084758.jpg?1411441156

[行き] 駅・バス→こま通り→ケーブルカー→下社(阿夫利神社)→本社(こちらも阿夫利)

[下り]→下社→女坂→こま通り→電車・バス

 

この予定でした。

 

ケーブルカーの発車が9時かららしく

まだ8時過ぎなので、女坂を登ることにしました。

これが、のちにとっても苦労することになります。

 

http://f.st-hatena.com/images/fotolife/s/si_ku/20140922/20140922075057.jpg?1411441206

ここではもう、金木犀が満開!

金木犀のエッセンシャルオイル欲しい。見つけた時にかっておくべきだった・・。

 

f:id:si_ku:20140922083842j:plain

f:id:si_ku:20140922173258j:plain

みつまたの自己愛。

 

f:id:si_ku:20140922090758j:plain

 大山寺がとっても立派でした。

駅の壁の大きな印刷物、この場所の写真だった!

 

f:id:si_ku:20140922084005j:plain

 

f:id:si_ku:20140922085144j:plain

 弘法様が、手の爪だけで一晩で作り上げたという・・・。

 

f:id:si_ku:20140922092142j:plain

 厄を払う、かわら投げ。

厄をおもいっきり遠くになげるんだ!あの赤い輪の中を目指す!

 

・・・全然駄目でした。リトライしたい。。。

 

f:id:si_ku:20140922102531j:plain

 やっと女坂を登り終わりました。90分かかっちゃった・・・!

看板には20分ってかいてあるのに!

ちなみに男坂は、電灯もないしほとんど階段だし、一段一段が高いそうです。

 

するとお店のおばあさんに誘われるがまま、湧き水やお茶をただで頂き、

ここでご飯にしました。

 

f:id:si_ku:20140922100932j:plain

 とうふソフトと豚汁を・・・

同時にもたされる!w 同時に食べるというおかしな食べ方をしました。

 

f:id:si_ku:20140922102111j:plain

 もちもち、きびだんご。色をよくするために、かぼちゃも入っているらしい。

 

f:id:si_ku:20140922104136j:plain

 阿夫利神社下社!

お手洗いが女坂にあるので、わざわざ下におりてへとへとに。

さっきのお店の人に「せっかく登ったのにねえ~」といわれる。

 

f:id:si_ku:20140922104835j:plain

f:id:si_ku:20140922104901j:plain

湧き水をくみます。

 

f:id:si_ku:20140922110402j:plain

f:id:si_ku:20140922110410j:plain

お参りしました。

 

f:id:si_ku:20140922110335j:plain

 

f:id:si_ku:20140922162829j:plain

 

さてさて、ここからが本番です。

28丁目が頂上らしいので、この石を見て位置を把握しながら登っていきます。

 

f:id:si_ku:20140922114031j:plain

 登っていくたびに、清涼感が増す。

とっても心地いい。ベストシーズン!

 

f:id:si_ku:20140922113731j:plain

 

f:id:si_ku:20140922161725j:plain

 

f:id:si_ku:20140922114440j:plain

 

f:id:si_ku:20140922114821j:plain

f:id:si_ku:20140922114758j:plain

夫婦杉。これで一本の木です。圧巻でした

 

f:id:si_ku:20140922115318j:plain

 

f:id:si_ku:20140922115220j:plain

f:id:si_ku:20140922133545j:plain

 ふわふわの白いキノコに、ジャムを塗ったようなかわいさ。

 

f:id:si_ku:20140922133601j:plain

f:id:si_ku:20140922125809j:plain

 途中の展望ポイント。もっと晴れてれば、富士山が見えました。

 

f:id:si_ku:20140922133854j:plain

 何度も休憩しつつ、頂上が見えてきたー!

大山はだいたいが岩道でした。

 

f:id:si_ku:20140922134320j:plain

 頂上ー!(o'▽'o)

うわ、こんなに登ってきたんだ!!飛行機レベル!!

 

下社からここまで、1時間半かかるらしいんですが

4時間かかりました(*_*)みんななんでそんな早いの(*_*)

お年寄りの方に余裕で敗北です!若者として情けないです!

 

f:id:si_ku:20140922134329j:plain

 最高の景色でした。

 

f:id:si_ku:20140922144648j:plain

f:id:si_ku:20140922134444j:plain

 阿夫利神社、本社でもお参りです。

 

f:id:si_ku:20140922141229j:plain

 待望の夕飯(ランチの予定だったんだけど・・・)です。

マカロニゆでゆで。

 

f:id:si_ku:20140922141830j:plain

 サラミと、あたためたミートソースで頂きます。

 

f:id:si_ku:20140922144244j:plain

 そして下山。

もう3時近くになっていて、急がないと4時半の最終ケーブルカーに乗り遅れてしまう。

 

・・・。

乗り遅れました(o'▽'o)ミ★・・・。

というわけで、また女坂を通ることに・・・!

ケーブルカー一度も乗ってないー!次回は絶対にケーブルカーに乗ろう。

 

「登山より下山の方がきつい」とは言いますが

下山はらくらくだと思ってしまい、ほいほいおりていましたが

これが、足への負担を蓄積しているとは気づきませんでした。

 

もう、最後のほうは足が曲げられなくて、

階段を一段、一段、ストックを使って のろのろ のろのろ降りました・・・。

 

f:id:si_ku:20140922171419j:plain

 ここは絶対に紅葉がきれい。紅葉したらまたここへ行こう。

 

f:id:si_ku:20140922173809j:plain

 古民家。

ここで現役で暮らしている方がいました。風情あります。

 

f:id:si_ku:20140922174429j:plain

f:id:si_ku:20140922174615j:plain

 あ、ああ・・・

おみやげ屋さんが立ち並ぶ、こま参道もみんなしまってる。。

名物の大山こま、欲しかったよう(;_;)

 

下山している時に、山頂へ行く人とすれ違ったのですが

そんな人々も、下山中に抜かされ、みんな軽々と下山しおわっていき、

びりっけつでした。

 

次回は、行きも帰りもケーブルカーの時間に合わせようと思います。。。

 

f:id:si_ku:20140922180534j:plain

 バスもないんじゃないかと思っていたら、普通にまだ運行していたので

たすかりました。

 

体力のなさは実感しちゃいましたが、

山歩きはとっても清々しくてよかったです。

終止、めちゃくちゃ へとへとでしたが、ただ単に体が疲れているというのみで

精神的にきついと思うことはありませんでした。

景色もよくて、豊かな緑に癒され、涼しくてきもちいいだけです。

これがアスファルトの上だときつかったと思います。

 

そして翌朝。

座ることも歩くこともきつい、筋肉痛に・・・w

一応、筋肉痛にならないように寝る前にストレッチをしたのですが

すさまじい筋肉痛です。