s i _ k u b l o g

日記、写真、作品、ドローイング、活動の最新情報

スマホ依存 対策アイテム

起きたらすぐお外に行ったり

制作にもっと集中するために

スマホ依存に対して効果がでているものの紹介です。

 

1.スマやめ (iPhoneアプリ)

f:id:si_ku:20170919112253p:image

設定した時間いっぱい、お魚さんがハートとマネーを持ってきてくれます。

ハートはお金が成長するためのもの、マネーは新しいお魚さんをかうためのものです。

 

時間内に他のアプリを開いてしまうと

せっかくお魚さんがひとつひとつ、丁寧に持ってきてくれた物が台無しになってしまうので、、

とても他のアプリを開けません。

 

制作中はコレですね( 'v' )b

25分 5分休憩、45分 15分休憩あたりに設定するのがおすすめです

 

2.sleep town (iPhoneアプリ)

f:id:si_ku:20170919113056p:image

寝る前にスマホいじって、睡眠不足になってしまうのを防いでくれます。

f:id:si_ku:20170919113129p:image

1時に設定した場合、1時になる前に建設開始をスタートさせないと建設開始にできません...

そして起床を10時に設定した場合、10時を過ぎてからタップすると建物が壊れてしまいます。

10時になる前にタップすると無事に建物が出来上がってます。

 

さきほどのスマやめもこちらも、損失の恐れと利益を利用して、いい感じにコントロールしてくれます。

 

3.サブ スマホ

スマホ依存対策のためだけに、2台持ちです。

こちらはAndroid、最近のは1万前後でもスマホが買えてしまうのがすごいですね。

 

(ネット回線はマイネオを利用しています

auで7千円以上だったのが、マイネオの今は2台持ちだとしても3千円前後しかかかりません。

 

移行した時に変わることって、自分はauキャリアメールが使えなくなることだけだったんですが、一切使っていなかったので、移行するときに損失はなくただ費用が抑えられただけです)

 

Androidの方が、スマホ依存対策するためのアプリが豊富です。アプリロックなどを使用して、長い間見続けてしまうものは完全にロックし、ロック解除する方法は他人に控えておいてもらいます。

 

辞書、マップ、Kindleなどなど

長い間見続けてしまわないアプリだけをいれてます。

ラインの代わりに、ワッツアップをいれて連絡手段は確保しています。

 

なのでメインのスマホを物理的に遠く離しても、サブで辞書や電車の乗り換えや緊急の連絡など

最低限の機能だけを使えるわけなんです。

 

逆にKindleなど、使いたいと思っているアプリをいれておくと

メインのスマホではあまり見ないアプリに目を向けるようになります。

 

 

 

そんな感じで、自分にとって大切な外にいくこと、制作に集中する時間を増やすことを、これらのアイテムが助けてくれています( 'v' )b

あさごはん

f:id:si_ku:20170918154649j:image

 

f:id:si_ku:20170918154648j:image

 

ポテチ盛り!+サルサソース

 

パンにもポテチにも、オリーブオイル 合うなぁ

広告を非表示にする